旅先リンク集


先リンク集


主に旅関連のリンク集です。うちへのリンクはご自由にどうぞ。ご報告は、いただければ本人は喜びますが、照れ屋さんな方はそのままでもけっこうです。


 

**モバイル旅行記**


「のぶこのドキドキ世界一周」(完結)
元プログラマーの女性"のーさん"のページ。
旅にあたって最も影響を受けたサイトがこちらです。職業訓練校時代、インターネット常時接続だったので放課後毎日このサイトを読んでいました。モバイルパッカーも世界一周も、やってみたいと思ったのはこのサイトを見つけてからです。色んな意味でわたしにとっては偉大な存在。


「HIT THE ROAD」完結)
のりさんのページ。
シンプルな構成だけど、読ませてくれます。宿で一人になったとき、オフラインにしたこのページを読んで勉強したり、共感したり。男性、しかも年上なのに何だか親近感を覚えるのです。
ヨーロッパ、西アフリカ、南極(!)まで網羅。全72カ国!本物の世界一周ですね。つらいとき、いつも的確なメールを送って下さる、よき旅のセンパイでもあります。
その後、メキシコのカンクンで、ついにご本人に会うことができました!感無量!


「世界204カ国を旅して」
松本和人さんのページ。
世界204カ国の一口コメントが面白くて何回も読んでしまいます。リビア、北朝鮮など、旅行難関国の旅行記も必読。写真もとてもきれいで迫力があります。
2003年4月現在、ついに全国制覇されたようです。祝!


「世界一周デート」(旅行は終了)
エチオピアとケニアで会った、吉田夫妻のページ。
最初、このページを見たとき、あまりの完成度の高さに、自分ちのHPが恥ずかしくなり閉鎖しようかと、本気で思ったくらい。企画、構成、文章、デザイン・・・どれを取っても上手すぎ。アクセス数も、モバイル旅行記の中ではケタ違いに多いです。さすがは元編集者カップル!自分と同い年ってのが恥ずかしいぜ全く・・・。結婚パーティーレポも密かに面白く、思わず結婚したくなりました(笑)。
2004年7月現在、出版が決定。まあ、当然のなりゆきでしょう(笑)。
 


「つあーめん」(完結)
勇者ロトの称号を持つ旅人(笑)、トシヤスさんのページ。
とにかく笑える!1話につき最低でも2回以上は爆笑できる!おもしろ旅行記は数あれど、群を抜いてダントツで面白い!アルゼンチンからの2003年謹賀新年のあいさつでまずやられた(沈没者の悲哀?をよく表している名文だわ・・・)。それからは、ネット屋に行くたびに読んでいます。もう少しでハラレで会えそうだったのですが、残念ながらすれ違い。HPを読む限りではかなりいかついお兄さんだけど、上記の吉田夫妻によると「かなり好青年」とのこと。会ってみたかった。2004年7月現在、上下巻で本が出版されました。書店にてチェックしてみて下さい。


「どこやねんグアテマラ」
ベネズエラで会った、きょきーとさんのページ。
まだ出会う前、女性らしからぬムダのないシャープな文章を読んで、「すごい頭の切れる人なんだろうなあ・・・」と少々恐れに近いものを抱いていましたが(笑)、実際に会ってみれば、気さくで親切な関西人のねーさんで、旅のルートを考えるのにもずいぶん相談に乗っていただきました。現在はシウダ・ボリバールの旅行代理店で働いていますが、本来の姿はあくまで旅人。こんだけ中南米がっつり回っている人のページってないので、中南米旅行を控えている方はぜひご一読を。わたしももう少し早く読んでいればと後悔しとります・・・。


「三十路夫婦の世界放浪〜not LONELY PLANET〜」(旅行は終了)
メキシコで会った、野村夫妻のページ。
スキンヘッドでガタイのいい旦那さまにほっそりした東洋美人の奥さまというビジュアル的にもかなりカッコいいご夫婦で、同じく見た目のよい吉田夫妻と5人でいたときは、正直肩身が狭かった(笑)。
モバイラーでは珍しいというかおそらく唯一のMACユーザー。レイアウトの美しさはさすが!という感じ。豊富なコンテンツも、どこから読み始めようか真剣に悩んでしまいます。
先日、旅先のカンクンで3年越しの結婚式を挙げたそう。わたしもカンクンで結婚したいぞお!(笑)


「PLANET JOURNEY」(旅行は終了)
エチオピアとケニアで会った、タクジさんのページ。
実は、ナイロビで急性盲腸炎に倒れた際に助けてくれたのが、彼と彼女のKちゃんでした。この2人には足を向けて寝られません。ほんとに。当時はパソコンを持たずにHPをアップしており、「本当にしょぼいから」と云っていたのが、気がつくと、いつの間にかマシンを手に入れ、立派なリアルタイム旅行記になっていて驚きました。
山登りネタが充実しており(このカップルはかなり本気の山好き)、山好きには貴重な情報源。わたしが好きなのは、ときに辛口なコラム。いろいろ考えさせられます。


「拓の世界一周リアルタイム旅行記」
南アフリカで会った、拓さんのページ。
ケープタウンのバックパッカーズで会ったときは、一時帰国前でした。旅の途中で痔を患った話と、消費者金融勤務時代の話がかなり印象的で、その後メールをいただいたとき、「あー、あの痔の人ね」と、実に失礼な思い出し方をしてしまった(笑)。すみません。でも面白かったんだものー。
そんな彼が、旅の再開とともにモバイル旅行記を立ち上げ、現在世界一周中。この人の旅行記もかなり3枚目で笑えます。


「かって気ままに世界旅行」
グアテマラで会った、マサさんのページ。
実は、メキシコシティのペンション・アミーゴでも会っており、麻雀卓まで囲んだ仲だったりする(笑)。
珍しいヨーロッパスタートで、しかもかなりくまなく回っています。パッカーでアイスランドまで行っちゃう人は、そうそういないでしょう。アンドラやリヒテンシュタインなど、小国もばっちりカバー。うーん。素晴らしい。
写真がとってもきれいで、見ているだけで旅行している気分になれます。美術館特集のページは、わたしもやりたかったコーナーなので、今後の更新が楽しみ。


「リアルタイム旅行記@サイトナビゲーター」
「たびのわすれもの」(下記リンク参照)のサイト主、やすやすさんのページ。
ありそうでなかった、”リアルタイム旅行記のなりゆきを、リアルタイムでレポートする”、コペルニクス的転回な(←使い方合ってるか?)サイト。あるいは、リアルタイム旅行記のデパート的サイト。
忙しい中でのマメなチェックぶり、更新されたサイトにはひとことずつコメントがついているという懇切丁寧ぶりには、ただただ頭が下がります。わたしも、自サイトを更新するたび、彼のコメントをチェックしに行ってます(笑)。リアルタイム旅行記初心者は、まずこのサイトへ行きませう!


「たるあいの世界旅行」(旅行は終了)
アフガニスタンで会った、たるや夫妻のページ。
旅に出る前に見ていたサイトだったので、アフガンで会ったときは、かなりうれしい驚きでした。
2年半で何と100カ国をめぐりながらも、まったくテンションの衰えない旅には、ただただ脱帽するばかり。たるさん(夫)の率直かつ温かい視点で書かれた日記(すごい量)、あいさん(妻)のひょうひょうとしたコラム、そして、旅行に実際に役立つ情報も多く、読み応えありまくりです。二人のキャラが何ともほのぼのといい感じで、つい”歳を取った二人が、縁側でお茶をすすりながら日向ぼっこしている図”まで想像してしまうほど(笑)。


「CHUZO.NET」
チベットで会った、チュウゾウさんのページ。
2004年6月出発ということで、このリンク集では最も新しいリアルタイム旅行記。美しいデザインと写真が印象的なのですが、その内容とはかなりギャップがあるような・・・(笑)。で、どんな人なのかと思っていたら、実際はスナフキンのような、さわやかな青年でした。同い年ということと、「素人な旅人でいたい」という彼の旅のスタンスに、非常に親近感を覚えるので、これから彼が、どんな旅をしていくのか、とても楽しみです。
ちなみに、下記リンク「Californized」のでゅーくさんのお友達。人は妙なところでつながっているものですねー。


「けいの無銭旅行記」
ネパールで会った、けいさんのページ。
文字通りの、「1円も持たない」旅。有り金を全部、神社のお賽銭箱に寄付し、歯ブラシとPCとデジカメだけ持って旅をスタート。新宿のホームレスから成り上がり、何と今では旅4年目、ママチャリをこいでインド最南端までたどり着いた、本物のツワモノ旅行者です。でも、本人はいたってさわやか&のほほん&マイペース、とても無銭旅行をしているようには見えない”フツーさ”が素晴らしい。
この人が、まだ旅を続けており、そしてこれからも旅を続けるであろうことに、一種の奇跡を見るような思いがします。非常に哲学的かつ求道的な旅だと、個人的には思います。みなも心して応援するように。


「GURECAT WORLD TOUR LAST FLY」
パッカー界では知る人ぞ知る有名人、グレネコさんのページ。
グレネコさんといえば、何と云っても”グレネコMAP”。アジア・中東方面を旅したパッカーなら、何処かでその存在を目にしたことがあるはず。わたしも、アフガニスタン行きの際には、グレネコMAPを完コピし、大いに役立たせていただきました。富永スーパーMAPの後を担うのは、グレネコMAPしかないでしょう。
元・暴走族のヘッドだったとか、袴を履いて旅しているとか、本当に猫言葉で喋るとか(笑)、色んな伝説を耳にしますが、実際はどんな人なんでしょうね???


「彷徨うココロ」
中南米・アフリカを旅している、ひろさんのページ。
旅先なので、友人知人以外の旅サイトはほとんど読まないわたしが、珍しく読んでいるサイトです。
わたしは常々、旅行記でもそのほかの読み物でも、その人が何をしたか以上に、それをしたことによってどう感じたか、が気になるタチなのですが、彼の旅行記は、そういう”心の部分”が、とても真摯に、大切に書かれていて、実に読み応えがあります。旅人なら、「あ〜分かるな〜」と共感し、心打たれる部分も多いんじゃないでしょうか?いつかどこかでお会いして、真面目に旅のことを語り合ってみたいです(笑)。


「道草食う魚」
インドとバングラデシュで会った、まんぼう嬢のページ。
イギリスでの1年のボランティアを終え、南アフリカはケープタウンから旅をスタート。あちこちでボランティアをしながら、アフリカ陸路縦断、南アジアを周遊し、先日インドから帰国したばかり。1日の予算1000円(交通費込み)と、かなりの節約旅行で、旅の半分近くがテント自炊生活という、うら若き女子にあるまじき(笑)ツワモノパッカーっぷりです。
そんな彼女の正体は、エリート医大生。英語とスワヒリ語もペラペラの、めちゃめちゃ賢い女の子なのですが、賢いがゆえに(?)、かなりぶっ飛んだ、ディープなキャラでもあり、実に将来が楽しみです。


「中国初恋」N-CUBE04.GIF - 732BYTES
カンボジアで会った、「作者」さんのページ(実はエチオピアでも会っていたのだ・・・って、いつの話だよ?)。
この人、天才?!色白+お目目キラキラの少女漫画風の見た目(笑)と、やわらかい物腰からは、まっっっっったく想像できなかったこの内容・・・。おもしろすぎ!文章うますぎ!どこから読んでもハズレなしの、素晴らしいテンションと完成度!焼いてもらったデータを、貪るように読みふけり、気がついたら朝になっておりましたよ・・・こんなことは、「ドラクエ5」のクリア以来です。いやーほんとにすごい。完敗です(涙)。ここ読んだら、もう誰もうちのサイトに来なくなるかも・・・でもでも、やっぱ読んで(笑)!メルマガもおもしろいですよ〜。


「ちゃり旅」N-CUBE04.GIF - 732BYTES
チャリンコで中東からアフリカを旅する、よういちさんのページ。
チャリダーってのはすごい人種だと、かねがね思っておりました。しかも、ただでさえツラいアフリカを、チャリンコで旅するなんて・・・もうそれだけで勲章もの。わたしには、100万回生まれ変わっても真似できませぬ・・・。
チャリダーの旅は、バックパッカーとはひと味もふた味も違うことが、よく分かります。見る景色、体験する出来事・・・めちゃめちゃ大変なんだろーなと思うけれど、チャリダーにしか味わえない旅の醍醐味を感じて、何だかうらやましい。
旅に出ていきなりホモオヤジに襲われ、暴力バーに連れて行かれるヘタレぶりもかなり素敵です(笑)。

 

 

**旅のそのほか**

 


「BOHEMIAN CAFE」

わが愛するテレサハウスの元番頭、うちの放浪記にも登場するたけぢいのページ。
ユーラシア横断の旅のさなか、何故かハンガリーをいたく気に入ってしまい、現在はブダペストの某宿の下男として住み込みで労働中。その傍ら、日本食堂で働いたり、子供に英語を教えたりと、今やすっかりブダペスト市民です。
彼の文章の独特の空気感が、わたしはとても好きなのさ。ハンガリーの日本人会の会報で連載しているコラムのほか、たけぢいの旅仲間が毎回ゲスト出演するビュッフェのコーナーも楽しみ(わたしも登場してます)。


「ヒトリアルキ」
うちにリンクを申し込んでくれた第1号、naomiさんのページ。
とにかくデザインも写真も美しい。そして、旅行記も、うちのような役立たずな内容ではなく、アクセスや宿、地域情報など細かく載せているのが素晴らしい。わたしも、これから行くメキシコ編は、かなり参考にさせていただくハズ。メキシコのほか、香港、バリ島などの旅行記もあります。まーとにかくきちんとした、女性らしいページです。


「EYE〜世界一周旅行記〜」
イスラエルとエジプトで会った、よっしーのページ。
アジア横断&アフリカ&ヨーロッパの1年の旅を、文章と写真で綴ったサイトです。文章にも写真にも、彼のまっすぐでやさしい人柄が、そのまんま表れてます。写真に写った人たちは、本当にいい顔してる!わたしは、人の写真撮るのが苦手なので、うらやましい限りです。時折、写真展にも出品しているので、チャンスのある方は、ぜひ見に行ってみて下さい。
現在、写真と文章の本を出版すべく、あれこれと画策中(笑)。頑張れ!


「女の子・ひとり旅・推進委員会」
イエメンで会った、ひろさんのページ。
お会いする前から見ていたサイトだったので、ご本人を目の前にしたときは、何だか感激でした(笑)。
サイト名が語る通り、”女の子のひとり旅”について知りたければ、まずここへ行くべし!女性旅行者たちのアンケートによって作られた「旅する女の子白書」「旅先恋愛白書」は、旅初心者からベテラン、男性まで、幅広く楽しめて、大いに参考になります。旅行保険やビザ、持ち物のことなど、すぐに役立つ情報も満載。うちのサイトとは雲泥の差だ(笑)。ジャーナリスティックな話題がわかり易く書かれた、ご本人の旅行記&テキストも必見です。


「旅行人」
云わずと知れたバックパッカーの殿堂(?)。日本を出る前はよく掲示板を読んでました。


「地球の歩き方」
HPはあんまり読んだことないけど、一応……。


「Lonley Planet」
よく知らない方には、歩き方の世界版と思っていただければ。でも歩き方の10倍くらい優秀らしいです(→って当初は書いたけど、実際は一長一短ってとこかなあ)。もちろん英語。


外務省「国・地域別海外安全情報」
旅行者の間ではあてにならないと専らのうわさですが、これも一応。


「Bacpackers バックパッカーズ」
ここも職業訓練校時代によく見ていました。バックパッカーの基本から知りたい方はこちらへ。


「Travelocity」
中南米方面の格安エアチケットサイト。なかなかチケット情報の入りにくい中南米では貴重な情報源。オンラインでもチケットが購入できる。


「あいのり」
何でわたしここにリンク貼るの忘れてたんだろう・・・日本にいた頃はかかさずTV見てたのに。中米あたりから行方が分からないまま、今も続いているのかさえ知らなかった。で、こないだHPを見たら、まだラブワゴンは走ってた(笑)。しかも収録本は6巻まで出ており、別冊「恋愛の教科書」なるものまで出ていた・・・すげー。
たとえやらせだとしても、下手なドラマを見るよりはよっぽど面白い。一応世界各地の見どころなんかも出てくるから、旅の参考になるし(?)。個人的にはなっちゃん(ダイスケとカップルになった)が好きで応援していたなあ。

 

 

**海外生活など**

 


「Californized〜from San Fransisco with love...〜」
アメリカ・サンフランシスコ在住の、でゅーくさんのページ。
サンフランシスコの某日系企業にて働くビジネスマン、かつ、わたしのサンフランシスコ訪問の際、半ば無理矢理押しかけたにもかかわらず、食事をご馳走してくれたジェントルマン。と書くとかなりの2枚目を想像してしまいますが、本当に2枚目なんですよねぇ、これが(笑)。しかし、「つあーめん」トシヤス氏の大学時代の友人というだけあって、文章を読んでいると、「さすがはトシヤスさんの友達(というか、笑いの師匠らしい)・・・」と思うところが多いです(笑)。


「いちフットボーラー日記 イスタンブル編」
トルコ・イスタンブール在住の、いちフットボーラーくんのページ。
トルコでプロサッカー選手になるべく、単身イスタンブールにわたり、現在は、トルコ語を勉強しながら、アマチュアのチームでプレー中。そんないっぷう変わった経歴を持つ本人は、一見物静かな青年。でも実はけっこう熱い&壊れてます(笑)。サイトはまだ出来たばかりだけれど、作るのが楽しくてしょうがないっていう初々しさがにじみ出てて可愛い。
日本人初の、トルコのプロサッカー選手になれるか?乞うご期待。おねーさんは応援しているぞ!

 

 

**さらにそのほか**

 


「しずかんち」
日本にいる、わが心の”姐さん”こと、しずかさんのページ。
Headdressの方からリンク貼ってたんですが、アドレス引越し&リニューアルしたこともあり、改めてこちらからリンクしました。彼女とは、嶽本野ばら氏のファン仲間ってことで知り合ったけれど、今はそれ抜きでもお友達。強盗に遭ったときもめちゃくちゃ心配かつ励ましてくれて、本気で泣けました。
まーほんと、このおねーさんはカッコいいです。叶わんなーと思います。日記もただの日記と思ったら大間違いで、テレビ番組の感想とか書いても内容が深いです。


※素材は「1キロバイトの素材屋さん」および 「Candied」および「MINIMUM CLOSET」からいただきました。
※国旗は「世界の国旗」からいただきました。

 

 

 

ICONMARUP1.GIF - 108BYTES 画面TOPHOME ICONMARUP1.GIF - 108BYTES

 
inserted by FC2 system